葬儀の話を書いています

種類編

投稿日時:2014-04-01 14:27

葬儀にはいくつかの種類があります。一般的な通夜、告別式という流れを基準にはしていますが、弔問客に制限を設けない形式が多かった時代よりも、今はニーズに対応できるようになっている葬儀があるのです。

会社をあげての葬儀ともなれば、社葬を行うことになります。社長や会長クラスが逝去をした際に会社で主催をするものなのです。盛大なものになることも多いです。

逆に親しい間柄の人のみを呼んで行うのが家族葬で近年増加をしてきています。自分の最期の姿を多くの人には見られたくはないと思った時に行うということがあります。

他にも直葬と呼ばれているものがあります。これは通夜や葬儀を行わずにそのまま荼毘に付してしまうというものです。お別れの儀式を一切省くのです。こうすることによって、葬儀にかかる費用を抑えることも可能となります。

自分が亡くなった後にそんなにお金をかけて欲しくはないと思った時に直葬にしてしまうという考えもあるのです。

手順編

投稿日時:2014-03-25 13:23

葬儀において押さえておきたいのはその手順。悲しい出来事ですが、一生のお別れなのですからきちんとしたルールに則り行わなければなりません。

まず大まかに葬儀周りの手順を挙げるならば以下のようになります(最短例)死亡当日 納棺翌日 通夜翌々日 葬儀・告別式・火葬初七日まで行う家も多いそうです。

そして葬儀ですが受付開始(開始時刻の15分前頃、遺族・親族・参列者の順に着席しましょう) そして開式、読経、僧侶の方による焼香、弔辞の奉読、弔電の奉読、一般の参列者による焼香、そして閉式所要時間の目安としては1時間半~2時間を見込むでしょうか。

ただ、ここで気を付けたいのは、宗派によって微妙に異なる、という点です。上はあくまで仏教での参考であり、一例にすぎません。

また僧侶の方への挨拶と接待、同様に来賓の方へのあいさつと接待も忘れずにしましょう。

感謝の気持ちで葬儀を行えば故人も報われるかと思います。最後のお別れはルールを守りしめやかに執り行いましょう。

料金編

投稿日時:2014-03-18 15:22

葬儀を執り行う場合には、料金もチェックをしなければいけません。お金がかかりすぎてしまうというのは問題でもあります。お金をかければ立派な葬儀ができるということではないのです。地域によっても料金は異なります。

また宗教によっても違ってくることがあるので、どの宗教を信仰してたのかということを確認しておく必要があるのです。式場をどこに設定するのかということでも異なってくることがあります。

最近では自宅で葬儀を行う人が減りましたが、葬祭場であったり、寺院で行うともなると会場費がかかってくることがあるのです。他にも家族葬にすると、香典返しなどが不要となり、必要なお金も減ってくるのです。料金をできるだけ抑えたいと思った時には、様々な葬儀会社に見積もりの依頼を行ってみると良いです。

地域性というのはかなり大きなものでもあるので、しっかりと検討をしておく必要があります。宗教というのはかなり大きなものとなってくるので注意も必要です。

■favrite site
銀買取での取り扱い品目が多い銀買取ネット
取り扱う品目が多いから、銀材・銀含有物から工業用銀製品までも
過払い金はグレーゾーン金利の存在から
グレーゾーン金利がある事で、起こる利息の取りすぎで
納骨堂の場所を探しは
港区にある金蔵時は元麻布にあります
横浜引越しの格安で信頼できる優良業者はこちら
ムービングエスが絶対におすすめです
葬儀のことは相模原市の平安メモリアル
故人の遺志と家族の意見を尊重してくれる葬儀屋です

記事検索